特別教育

/特別教育

フルハーネス型墜落制止用器具特別教育

フルハーネス型墜落制止用器具とは  高所作業の現場において、長年、安全帯(セーフティベルト)と呼ばれてきた保護具の呼称が「墜落制止用器具」と改められ、平成31年2月1日より高所作業で使用する墜落制止用の保護具はフルハーネス型を原則とするとともに、U字つり型は墜落制止用器具とはみなさないこととなりました。  加えて、高さ2メートル以上の箇所であって作業床を設けることが困難なところにおいては、墜落制止用器具のうちフルハーネス型のものを用いて行なう作業(ロープ高所作業は除く)に就く者には特別教育の受講が義務付けられることになりました。 講習会場 茨城労働基準協会連合会 中央安全衛生教育センター 古河・鹿島労働基準協会(鹿島は平成31年4月頃から予定しています。) 受講料 1名につき   8,000円(税込) 足場の組立て等特別教育修了者(ロープ高所作業特別教育含む)は受講料金の一部免除が受けられます。 受講料金免除者 7,000円(税込) ※受講料に違いはありますが、免除者も6時間の講習を受けていただきます。 テキスト代 972円(税込) 講習日程 [...]

低圧電気取扱業務特別教育

低圧電気取扱い業務の特別教育とは  低圧の充電電路の敷設若しくは修理の業務、又は配電盤室、変電室等区画された場所に設置する低圧の電路のうち、充電部分が露出している開閉器の操作の業務における特別教育です。  なお、低圧とは、直流にあっては750ボルト以下、交流にあっては600ボルト以下の電圧です。 労働安全衛生法第59条、安衛則第36条第4号 講習会場 水戸・日立・土浦・古河・龍ケ崎・鹿島労働基準協会指定会場 受講料 1名につき 8,998 円(税込) テキスト代 702 円(税込) 講習日程 [...]

高圧・特別高圧電気取扱業務特別教育

高圧・特別高圧電気取扱い業務の特別教育とは  高圧の充電電路の敷設若しくは修理の業務、又は配電盤室、変電室等区画された場所に設置する低圧の電路のうち、充電部分が露出している開閉器の操作の業務における特別教育です。  なお、高圧とは、直流にあっては750ボルトを、交流にあっては600ボルトを超え7,000ボルト以下の電流をいいます。  また、特別高圧は、7,000ボルトを超える電圧をいいます。 労働安全衛生法第59条、安衛則第36条第4号 講習会場 水戸労働基準協会指定会場 受講料 1名につき 10,096 円(税込) テキスト代 1,404 円(税込) 講習日程 [...]

特定粉じん作業

粉じん作業特別教育とは  粉じんの伴う作業に従事する労働者がじん肺など粉じんによる疾病を防止するために常時特定粉じん作業に従事する労働者に対して、粉じんよる疾病と健康管理、粉じんの発散防止、呼吸用保護具の使用の方法及び作業場の換気の方法等について特別の教育が義務付けされています。                       労働安全衛生法第59条、安衛則第36条第29号 講習会場 水戸・日立・土浦・筑西・古河労働基準協会指定会場 受講料 1名につき 5,400 円(税込) テキスト代 648 円(税込) 講習日程 本講習の年間予定表です。 講習日程 [...]

産業用ロボットの教示・検査等の業務

産業用ロボットの特別教育とは  産業用ロボットの運転中は、人とロボットを隔離することを原則としていますが、駆動源を遮断しないで行う教示等の作業や運転中に行う検査等の作業においては、マニピュレータが作動しているかまたは作動する可能性があるときに、可動領域内に労働者が立ち入らなければなりません。この場合の危険性に対する安全対策として特別教育が義務付けされています。                       労働安全衛生法第59条、安衛則第36条第31号 講習会場 水戸・土浦・筑西・古河労働基準協会指定会場 受講料 1名につき 8,500 円(税込) テキスト代 1,944 円(税込) 講習日程 本講習の年間予定表です。 [...]

クレーン運転の業務(5トン未満)

クレーン運転の特別教育とは  つり上げ荷重5トン以上のクレーンはクレーン運転士免許取得者、つり上げ荷重5トン以上の床上操作式クレーンはクレーン運転士免許取得者又は床上操作式クレーン運転技能講習修了者ですが、つり上げ荷重5トン未満クレーンは上記取得者・修了者を除いてクレーン特別教育を受けたものでなければクレーン運転業務に就くことはできません。 労働安全衛生法第59条、安衛則第36条第15号 講習会場 日立・土浦・筑西・太田・古河・常総・龍ケ崎・鹿島労働基準協会指定会場 受講料 1名につき 10,280 円(税込) テキスト代 1,650 円(税込) 講習日程 本講習の年間予定表です。 [...]

アーク溶接等の業務

アーク溶接の特別教育とは  アーク溶接機を用いて行う金属の溶接、溶断等の作業は、溶接機の整備不良や操作の誤りなどにより感電災害、火災災害、火傷等の災害が発生しています。このような災害を防止するために法令でアーク溶接の業務に労働者を就かせるときは、アーク溶接装置や作業方法等に関する特別教育を受けることが必要となります。                   労働安全衛生法第59条、安衛則第36条第3号 講習会場 水戸・日立・土浦・筑西・太田・古河・龍ケ崎・鹿島労働基準協会 受講料 1名につき 9,820 円(税込) テキスト代 1,080 円(税込) 講習日程 本講習の年間予定表です。 [...]

研削と石の取替え等の業務(自由・機械)

研削と石の取替え等業務に伴う危険性  自由研削用グラインダには、携帯用グラインダ、卓上用電気グラインダ、スインググラインダ、可搬型切断機など、機械研削盤には、円筒研削盤、平面研削盤、工具研削盤部などがあります。どれも“と粒”によって加工するものですが、適正に使わないと研削といしが破壊される危険性が増大し、その破片による災害も重篤化するおそれがあります。したがって、研削といしを取り扱う作業者は、研削といしの危険性を十分に認識し、安全に取り扱うことができる知識と技術を有していることが必要です。                      労働安全衛生法第59条、安衛則第36条1号   講習会場 水戸・日立・土浦・筑西・太田・古河・常総・鹿島労働基準協会 自由研削 日立労働基準協会 機械研削 受講料 1名につき 8,004 円(税込) 自由研削 1名につき 9,004 円(税込) 機械研削 テキスト代 [...]

プレス・シャーの金型等取付け等の業務

プレス・シャーの金型等取付け等の業務とは  動力により駆動されるプレス機械の金型、シャーの刃部又はプレス機械若しくはシャーの安全装置・安全囲いの取り付け、取り外し又は調整の業務に従事する労働者に対してプレス機械や安全装置等の知識、作業に関する知識、点検・取付け・調整等に関する知識などを行う安全教育です。  労働安全衛生法第59条、安衛則第36条第2号 講習会場 日立・古河・龍ケ崎労働基準協会 受講料 1名につき 8,220円(税込) テキスト代 1,080円(税込) プレス作業者安全必携 1,404円(税込) シャー作業者安全必携 講習日程 本講習の年間予定表です。 講習日程 [...]

廃棄物焼却施設業務特別教育

廃棄物焼却施設等において、①ばいじん等の燃え殻を取り扱う業務 ②焼却炉、集じん機等の設備の保守点検等の業務、③設備の解体等の業務及びこれに伴うばいじん等の燃え殻を取り扱う業務に従事する者に対しては、ダイオキシン類ばく露防止の徹底を図るため、法定の特別教育を実施しなければならないこととされております。