化学物質管理者養成研修会

 化学物質は、いろいろと有用な性質があって多くの産業現場で取り扱われておりますが、危険性や有害性が明らかとなった化学物質だけでも数千物質程度あると言われています。平成28年6月にSDS(安全データシート)交付対象である640種類の化学物質についてリスクアセスメント(危険性又は有害性等の調査)の実施が義務付けられ、化学物質のリスクアセスメント指針の中で、リスクアセスメントの技術的業務を行う化学物質管理者を指名することが望ましいとされております。
 第一線で管理する化学物質管理者(ライン課長・主任・職長等)又は準ずる方を対象に化学物質の基礎知識や化学物質のリスクアセスメント、関係法令等を学ぶための研修会です。

講習会場 茨城労働基準協会連合会 中央安全衛生教育センター
受講料 1名につき 7,800 円(税込)
テキスト代 2,160 円(税込)

講習日程

本講習の年間予定表です。
講習日程

開催・空席状況

連合会の講習状況です。
開催・空席状況

お申込方法

連合会へのお申込方法です。
お申込方法
・年間予定表は、都合により日程を変更することがあります。

カリキュラム

注) 講習科目の順番・講習開始終了時刻は講習によって変更することがあります。
日程 講習科目 講習時間
1日 ・化学物質管理の基礎知識(化学物質の法規制・GHS、ラベル、SDS等)
・具体的な化学物質管理の基礎知識Ⅰ(化学物質の危険性、安全管理等)
・具体的な化学物質管理の基礎知識Ⅱ(健康障害、作業環境測定、作業環境改善、保護具等)
・化学物質のリスクアセスメントの概要、指針の概要等
・化学物質のリスクアセスメント演習
約6時間

お申込用紙ダウンロード

PDF版はこちらから
PDF版ダウンロード
Word版はこちらから
word版ダウンロード